ピアノ 練習

大人になって始めるピアノは挫折しやすい

ピアノを弾いている男性

「自分もピアノを弾けるようになりたい」

ピアノは幼少期の頃の習い事というイメージでしたが、最近では大人になってからピアノをはじめる人が増えています。大人になってからやってみたい習い事のアンケートでもピアノが上位にあげられるようになりました。

このように人気のあるピアノですが、意気込んで始めたものの挫折してしまう人も多いのが現状です。

一般に初心者がピアノを始めるときには、楽器店などにある初心者向けのピアノ教本などを購入することが多いです。ところがいくら“初心者向け”と書いてある教本でも、初めて鍵盤に触れるような人には難しく感じることが多く思うように練習が捗ることは稀です。

もちろんご近所のピアノ教室でレッスンを受けることもできますが、社会人にとって決まった時間にレッスンに通うことや月謝の負担は小さくありません。

自分なりに練習しても全然上達しない、かといってピアノ教室にまで通うのは敷居が高い…

そう思っているうちに最初のやる気がなくなり挫折してしまう。大人になって趣味としてピアノをはじめた人には、こんな風に悩んでいる人がたくさんいます。


ピアノの練習が上手くいかないのは当たり前?

グランドピアノ

ピアノが弾けるようになりたい!と思うきっかけには、

・とにかく音楽が好きだから
・小さな頃に少しだけ習ったことがあるから
・好きな曲をピアノで弾いてみたい
・ピアノが弾けるようになってモテたい
・趣味の幅を広げたい

など、人によっていろいろありますが共通しているのは“ピアノを楽しみたい”ということだと思います。

逆にピアノを始める99%の人は「これからプロのピアノニストを目指したい」とか「学術的にピアノの勉強をしたい」とは考えていないはずです。

それにも関わらず初心者向けと書いていあるピアノの教本でも、基本的な音楽の知識があることを前提につくられています。

例えば、

□音色・リズム・旋律・和声を含む音のかかわり合い
□速度の強弱による曲想の変化
□ハ長調とイ短調の旋律を視唱・視奏すること
□合唱や合奏の活動を通じて和音のもつ表情を感じ取る

などです。すごく専門的なことのようですがすべて中学生が授業で行う音楽の指導要領からの抜粋。つまり中学生の学習範囲ということです。中学生レベルとはいっても意味を理解できる人は少ないのではないでしょうか?

一般的な教本はこのような知識があることを前提としているので、あなたが一生懸命練習してもなかなか上手にならないのは当然なのです。

音楽の知識がなくてもピアノを楽しく弾けるようになる方法はこちら


自宅で楽しみながらピアノを練習しよう

ピアノが弾けるようになりたい大人のピアノ初心者さんにおすすめなのが、海野真里さんというピアノの先生の「30日でマスターするピアノ教本」という教材です。DVDと楽譜がセットになっていて、基本的にはDVDを見ながら練習していきます。

「楽譜も読めないような初心者がDVDを見ながら練習するだけで弾けるようになるのか?」と疑問に感じるかもしれませんが、私の周りでも40代・50代の完全なピアノ初心者が好きな曲を弾けるようになっています。自宅練習用の教本などはたくさんあるなかで、ピアノ初心者を対象にしたものとしては最もオススメできます。

ピアノをはじめようと思ったきっかけ次第ですが、“好きな曲を楽しみながら弾けるようになりたい”という目的の人にはぴったりの教材だと思います。ピアノ教室に通って本格的なレッスンを受ける前に試してみてもいいかもしれません。

ピアノ初心者に最適 30日でマスターするピアノ教本の詳細はこちら